成功実験

タイピング上達で試す成功哲学(全国トップ10までの道のり)

ポイントは火曜日

このe-typingというタイピングサイト、慣用句が変わるのは火曜日の朝らしい。

そして、朝一でやるとランキングがいい。なぜなら前回の慣用句のランキングがリセットされるみたいだから。

そして、朝一だと、やっている人が、まだ少ないから。

 

でも、少し経つと、一気にランキングが落ちていきます。やる人が増えるんでしょうね。

 

なので、チャンスは朝の一時間くらいです。

 

でも、気が焦ってしまい、しかも慣用句が変わっているので、全然うまくいきません(;^ω^)

 

なので、やはり実力勝負しかありませんm(__)m

 

今回の慣用句は「元気が出る言葉」ということなのですが、これが文字数が多い・・

 

大体、1分で350文字くらい打って「good」くらいです。

 

まあ、それはさておき、その元気がでる言葉の中で、好きな言葉をメモしてみましたので紹介(^^♪

 

「諦めないと叶う」

「転んでも、また初めからやり直せばいい」

「チャンスは必ずやってくる」

「すべては自分の心しだい」

「努力するから悩む」

「遠回りしていこう」

「大丈夫、それでいい」

 

などなど。まあ、ちょっと言葉が正確ではない部分もあるが、その辺りはご容赦。

 

で、この中でもよいと思ったのが、「遠回りしていこう」です。

 

一つ目標を決めたら、「その目標を一生かけて達成すればいい」

そして、今世で達成できなかったら、来世で達成すればいい。

 

これの何がいいって、その自分が決めた、叶えたい好きな目標に向かって、徐々に上達し、そしてどんどん成功に近づくということです。

 

近づいていくと、上達していくと、どんどん楽しくなります。

 

そして、何も完成させなくてもいいんです。

 

一生、それに携わっていけるのが最高じゃないですか。

 

そう思ったので、「逆に、夢は叶えてはいけない」のではないか、とさえ思いました。